高血圧の原因

ketuatuda_s
高血圧になる原因として、遺伝性のものがあるそうです。そういえば、私がまだ小さい頃から母親が血圧が高くてえらい。。とよく言って、薬を常用していたのを思い出しました。 母の高血圧の症状は、めまいや動悸、ふらつき、頭痛などがをよく訴えていました。 ・・となると、いまから20年以上前には母親は高血圧だった。っていうことです。現在55歳なので、私と同じ、30代にはすでに高血圧だったってことです。遺伝性のものなら私が、今高血圧になってもおかしくありません。しかし、高血圧になる原因には、「 二次性高血圧 」といって、背景に内分泌異常や腎臓疾患などの病気が隠れていることもあることから、もし高血圧だと診断されて、詳しい健康診断などを久しく受けていない方は、まずは大きい総合病院で、一応しらべてみた方がいいのかもしれません。 

・・ということで、私は総合病院へ受診しました。病院では手動式の血圧計ではかりましたが、上155、下が95と、やはり血圧高め。私は、心エコーや心電図を先に行い血流や心臓の動きをみてもらいましたが、特に異常はないということで、次に安静時血液検査など、高血圧と関わりのある疾患を見つける為の検査を一通りしました。安静時血液検査というので、コルチゾールの値が基準値を超えていたので、再検査しました。コルチゾールはストレスを感じるとでる値で、常に高いと内分泌の異常です。安静時血液検査というのは、1時間ぐらいでしょうか・・ずっと動かずに横になってから採る採血のことです。通常の採血とは違い、より繊細な内分泌の異常まで調べることがわかるそうです。

自分が高血圧になるまでは、血圧について、うわべの知識しかなく、塩分摂りすぎはダメ!とか、運動不足はダメ!ぐらいの程度でしたが、これをキッカケに、高血圧の背景にある病気や、高血圧を放っておくとどんな病気になるのかを詳しく知ることになりました。全ての検査が終わって、異常が無いとことがわかると、やはり遺伝性高血圧だろうということになりましたが、私のこれまでの食生活は乱れがちで、ジャンクフードをよく食べていたし、もったいないからといって、お腹がいっぱいでも無理して食べてしまうクセなどは身体にとってよくないことも実感しました。減塩だからといって、味噌汁を2杯も3杯も飲んでしまっては、結局健康にいいものでも身体に悪いものになってしまいます。

薬をきちんと服用すれば、血圧は下がりますし、血管や心臓への負担は減ります。しかし、薬を飲んでいればいいと思ってはいけないので、日々の生活習慣や食生活を改めつつ薬をのんで、薬の量をへらしていけるといいです。さて、今回私が処方してもらった薬というのが「 アムロジペン 」というジェネリックのものですので、コストを抑えることができます。血圧の薬は長期にわたって飲み続けなければいけないので、できるだけコスパを抑えたいものです。血圧の薬の多くの注意点は飲みあわせです。グレープフルーツと一緒に摂る事で効果が高くなってしまうので、極端に血圧が下がるリスクがあるので、たとえジュースやゼリーでも摂取してはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>