シトルリンが動脈硬化の予防に役立つ仕組み

maadek_s
シトルリンはアミノ酸の一種で、血管の機能維持に不可欠な成分と言われています。アミノ酸はタンパク質を構成する重要な成分で20種類ありますが、シトルリンはこの種類には含まれず、タンパク質を構成することなく血液中に存在し、体内を巡ることから遊離アミノ酸と呼ばれています。シトルリンには一酸化窒素(NO)の生成を促進させる作用から、血流を改善して動脈硬化を予防し、心筋梗塞などの生活習慣病から守ってくれると言われています。

動脈硬化とは全身に酸素や栄養素を運ぶ役割を果たしている動脈が、加齢によって老化することで、弾力性が失われて硬くなった状態、またはコレステロールが増えすぎることで血管壁にプラークと呼ばれるこぶを作ることで血液の流れが滞る状態のことを指します。
kurokanw_s
こうなると全身に血液を送るためにポンプの役割を果たす心臓が、圧を上げて血液を送ろうとするため高血圧症の原因となるほか、狭心症や心不全などの生活習慣病を引き起こす結果となります。また最悪の場合はプラークが破裂し血栓ができることで、血管が完全に詰まって脳梗塞や心筋梗塞が起こる原因となります。生成を促進された一酸化窒素は平滑筋を弛緩して血管を拡張することで、血圧が低下することを抑制し酸素や栄養素を全身に運ぶだけでなく、血管そのものに作用して柔軟性を維持するなどの効果があります。

シトルリンは末梢血管の血液量を増やすことで、代謝があがり冷え性やむくみ改善、筋肉や精力増強といった効果とともに、生活習慣病を予防できるとして注目されている成分です。本来は体内で一酸化窒素を生成して血液をスムーズに送るのですが、年齢を重ねるごとに生成する量は減少し、血管が収縮して詰まりやすくなるために動脈硬化になりやすくなります。心筋梗塞などは血管の老化による原因でもありますが、一酸化窒素を十分に生成できていれば、血管が詰まることも少なくなりますので、シトルリンの摂取は重要なことだと言えます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>