ピロリ菌とヨーグルトの関係

ピロリ菌は、非常に厄介な菌です。胃の中で増え続けて、胃潰瘍の症状をもたらして最悪胃がんにも発展します。現在ではこの菌をもっている人は減少してきました。というのもピロリ菌は、今では使われることがない井戸水に含まれることが多く、それを飲料している場合に体に入るものですが、家族でひとりもっているとなんらかの形で経口して体内にはいることもありますので完全になくなっているわけではありません。

この菌は放置していると先にのべたように病気になります。現在ではいい薬もあり、体から除去することも可能ですが、また入ってくることもありこれを予防しないときりがないです。

このピロリ菌への予防として、ヨーグルトがいいです。ヨーグルトに含まれるある種の乳酸菌がこの予防に最適です。このヨーグルトの乳酸菌にはタイプが二つあり、ピロリ菌増殖を抑制するものと白血球のようにキラーとして活動するものがあります。どちらも胃酸に強いタイプなので胃の奥の十二指腸の近辺のものにも対応できます。

ただしこれからの特異な乳酸菌の入ったヨーグルトは、すこし市販のものよりも高いことがおおいです。厚生労働省の特定保健用食品として認定をうけているためでもあるのか、毎日続けるにはすこしコストが掛かりますし、この乳酸菌は継続して体にいれないと予防になりません。しかしまたピロリ菌の繁殖をゆるして治療するよりもいいかもしれませんし、ピロリ菌の怖いところは症状がはっきりしてくると病気がすすんでいることが多いので、予防を完全にするという意味においても大切です。

このようにヨーグルトを毎日食することを続ける事で体内ピロリ菌をなくすことが可能ですので、習慣づけはいいことです。また最近の研究では、ピロリ菌は胃などの消化器系病気だけでなく、他の臓器、肝臓や胆のうにも悪影響を及ぼすことがわかってきており、ますますこの他の病気予防にもかかせない食習慣と言えると思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>