胡麻麦茶で高血圧予防

若くても、高血圧になる可能性は十分にあります。高血圧になっても、今すぐにどうにかなるわけではないものなので、甘く見ると、大変な目に遭います。年齢が上がるにつれて、体が老化していくので、高血圧のリスクは上がりますが、若いうちからの高血圧予防をすることで、高齢になってからの高血圧を防ぐことができます。

サントリーから発売されている、 「 胡麻麦茶 」です。サントリーは、他にも、高血圧予防にいいと医療関係者の間でも話題の「 セサミン 」も発売していることから、効果がきたいできます。セサミンも、胡麻にふくまれる健康成分を配合していることで、高血圧の予防に効果的ですが、胡麻麦茶も、その名の通り、胡麻ペプチドという成分を含んでいることで、血管を収縮する物質を生成する酵素のはたらきを阻害し、血圧に効果があることが、わかっています。

味のベースが麦茶で、大麦やはと麦、大豆をブレンドした、香ばしくてさっぱりした味わいで、どんな料理にもピッタリあうので、毎日の水分補給にとっても最適なので、長期に渡って続けられて飲みやすいです。血圧を下げるのは、ゆっくり時間をかけなければ、逆に体に負担がかかってしまいますが、胡麻麦茶の効果は、毎日飲み続けることで、血圧を低下させていくことができる、最適な飲料水です。消費者庁に認められた「 特定保健用食品 」の認可を受けている、信頼ある効果があります。

肥満の方は、そうでない人に比べて2,3倍の高血圧のリスクもあがります。肥満は高血圧だけでなく、糖尿病などのほかの疾患の下地になりやすいので、健康でありたいのなら、減量は必須です。 体が大きいほど、心臓がより血液を送り出さなければいけない負担があるので、体重が標準の1.5倍ほどある方は、1.5倍も心臓に負担がかかっていることになます。

このことから、高血圧の改善で肥満を解消させるには、運動で減量させるのが最もよいでしょう。適度な運動は正常な血圧には欠かせないからです。しかし、運動だけで減量させるにはかなり困難と言えますし、よほどの意思がない限り成功しません。運動もしつつ、食生活を改善させる方法がいいでしょう。肥満の方が標準体重にするのは、健康にとって最も良いことですが、必ずしも標準体重にこだわる必要はありません。

標準でなくとも、1キロ減らすだけで血圧は、1から1.5下がると言われているので、できるだけ標準に近づけることを目標に減量させます。食事療法に効果的なのは、糖分と脂肪分を控えめにして、良質なたんぱく質を十分に摂取することを心がけてください。また、肥満にはなっていないけど、肥満に近い、と言うような方、肥満ではないけれど、昔よりも体重が増えたと言う方は、減量することで血圧が正常値になることがあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>